通信制高校などでペースを乱さず勉強|将来選べる道を増やす試み

学生

数学の勉強方法

受験科目は数学がおススメです

勉強

数学は苦手な人が多い科目で、受験においても数学は敬遠されがちです。特に文系の生徒にとっては、数学の有無がそのまま大学の志望の理由になる程なのです。 しかし実際は数学ほど美味しい科目はありません。なぜ美味しいかと言えば、それが厳密な論理というルールによって構成されているからで、つまり根本的な理解をしてしまえば、誰でも解ける上に、長く忘れることがないのです。しかも高得点を出せば他の受験生に差をつけることが出来ます。 そのような科目を敬遠してしまうのは本当に損失ですので、しっかりと勉強方法を身につけて、高得点をもぎ取ってしまいましょう。 まず数学を学ぶに際して重要なポイントなのですが、焦らずに、つまずいた所まで戻りましょう。小学校でつまずいた人は、現在高校生でも小学校のテキストまで戻るのです。何も小学校から4年も5年もやり直せというのではありません。ただわからない所だけ戻ればよいのです。

効果的な数学勉強方法

そうして何がわからないかを明確にして、そして必要に応じて戻るのです。そうすることで確かな基礎力が完成します。 またそれと並行して青チャートを利用してください。これはそのまま受験対策になる良質な参考書ですので、上手に活用しましょう。 青チャートの使い方ですが、解法を暗記することです。それも単純に暗記するのではなく、しっかりと指針を読み、論理的に理解しながら暗記をします。そしたら今度はそれが解けるか紙に書き出すのです。すごくシンプルな作業ですが、確実に鍛錬することが可能です。そして何が理解できないか、解答を導くためのプロセスとしてどこが曖昧であるか、それらを再度明確にしていく必要があります。それを書き出したノートは、市販のものを上回る自分だけのパーフェクトな参考書になります。受験数学は、思考力よりも解法パターンをどのくらい暗記するかです。数学オリンピックで賞を受賞した知人は、驚くほどたくさんの解法パターンを暗記していました。そこから考えたのは、数学的思考力というものさえも、単純に頭の良さというよりも、膨大な解法パターンという知識の側に支えられて成立するということです。参考になれば幸いです。